04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

雑貨屋さんの生活レシピ

高2、中3の息子たちと心配性な母の徒然日記。手作りパンの写真も時々アップしています♪

チビまるの成長 

チビまるの卒業式まであと9日。学校へ行く日数は7日となりました。
2月下旬から今月はじめにかけて、いろいろな行事がありました。

感謝の会、「夢」発表会、6年生を送る会、保護者会などなど・・・
中でも特に感動的だったのは、「夢」発表会です。

子供たちが一人一人、自分の夢の設計図を描き、それを元に自分の将来の夢について発表する会でした。

・設計図を描く
・将来の夢についての文章を考える
・みんなの前で発表をする

これらすべて、チビまるはできるの??

言葉に遅れのあったチビまるは(今でもそうだけど・・・)人とコミュニケーションをとることが苦手でした。
チビまるの小学校生活のスタートは「先生がみんなに言っていることは、チビまるにも言っていることなんだよ」と教える事からはじまりました。
小学校2年生の時、図工の時間、運動会の絵が描けず1時間白い画用紙をただ見つめていたということがありました。
文章を書くことが一番苦手で、居残りをしたのは何度あっただろる・・・・
ずっとそんな印象だったので、私はとても心配でした。

ところが!ちゃんとした設計図を描き、大きな声でメモなどを見ずにしっかりと前を向き、発表できたのです!!
いつの間に設計図を描いたの?いつの間に発表内容の文章を考えたの?
いままでのチビまるだったら、「できないーーー!」と言って、私に頼ってくることもしばしばありました。
でも、今回は自分で完成させることができたんですね。

もしかして、先生にいっぱい手伝ってもらったんじゃないかと思い、担任の先生にお話を聞きにいったら
「お母さん、今日の発表がチビまるくんの6年間の成長のすべてですよ」とおっしゃってくれたんです。
先生も感激してくれていました。

そう、チビまるは自分一人の力でやりとげたんだそうです。
卒業が近づいてきた最近、チビまるは私を頼ることがほとんどなくなり、自分の力で何でもやろうとしている事は気付いていました。
でも本当にできるようになっていたんですね。
チビまるの中で、何か変化がおきていたんだと思います。

今でも上手に会話をすることはできません。
でも、自分なりに一生懸命なのがよくわかるのです。
「できないから・・・」とか「自分はダメだから・・・」となんでもはじめから諦めていたチビまるが、最近では「まずやってみる」という姿勢が見えるのです。

感謝の会でチビまるからもらった手紙にはこんな事が書いてありました。

「ずっと迷惑をかけてきてごめんなさい。たくさん助けてくれてありがとうございました。12年間育ててくれてありがとうございました。中学生になったら、自分一人の力でがんばります!」

短い手紙だったけど、チビまるからのメッセージがすべて詰まっていると私は思いました。
「自分一人の力でがんばる」なんて、私としては寂しい気持ちもあるけれど、これからはチビまるに気づかれないよう、陰からサポートしていくしかないんですね。

幼稚園の卒園式の時、「何も変わらなかったな」という思いがあってあまり涙は出なかったけど、小学校の卒業式は成長したチビまるを感じ、いっぱい泣いてしまいそうです。
子供の成長ほど、親にとって嬉しい事はないんだなと実感しています。

category: 日々の徒然

thread: 小学生の子育て♪ - janre: 育児

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://anfan.blog15.fc2.com/tb.php/652-6d7ac0e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

ランキング

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード