03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

雑貨屋さんの生活レシピ

高2、中3の息子たちと心配性な母の徒然日記。手作りパンの写真も時々アップしています♪

子ども用日焼け止め エポカルUVプロテクト 

これは良かったです(*^^)v
蚊を寄せつけない効果もある、スティックタイプの子供用日焼け止めです。

エポカル子供用日焼け止め

蚊をよせつけない植物成分(シトロネラール)が配合されているという点が最大のポイント!
さらに、環境面や子供への安全面にも配慮した日やけ止めクリームです。
イラストもかわいくってわたし好み(笑)
使い方はとても簡単。子供が自分一人で塗ることができます。

エポカル使い方

エポカル使い方2

1cmほど出して使うのがベストです。
あまり出しすぎるとたぶん折れます(笑)
体に塗ると、白く色がつくのですが、それがかえって子供には「塗り残し」がひと目でわかって良いようです(白い色は手でのばせばなくなります)。
SPF25なので、一度塗れば約8~10時間日焼けを防ぐことができます。
でも先日の運動会の時、途中で塗りなおしをしなかったアニまるは赤く日焼けしてしまっていたので、取れてきたかなと思ったら、早めに塗りなおすほうが効果があるようです。
(ちゃんと途中で塗りなおしをしたチビまるは、日焼けはしましたけれど、赤くなることはありませんでした。)

はじめに書いたように、この日焼け止めは虫除け効果もあります。
日焼け止めを塗って、虫除けも・・・となると結構大変だったりしますよね。
でも、これ1本でOK!なら、と~ってもラクだと思いませんか(^^)
さらに、専用クレンジングも必要なく、水で洗い流すことができます。
汗や水に弱いとも言えますが、子供の肌にはクレンジングのような刺激のあるものは使いたくないですものね。

香りは爽やかなレモンの香りです(香料は使っていません)。
手を汚さずにサッとひと塗りできるところが、子供たちにはとても使いやすいようです(*^^*)

『エポカルUVプロテクト』はこちらで購入しましたicon

iconicon

エポカル UV プロテクトの特徴
●SPF25 PA++ (約8~10時間日焼けを防ぐことができます。)
●蚊をよせつけない ダブル機能で 子どもの肌をやさしくガード皮膚科医と共同開発。
●食用成分をベースにした、子どもにも安心な日焼けめです。もちろん、大人も使えます。
●シトロネラールの成分により、レモングラスのようなの香りがします。(香料は使用していません)

エポカルは、子供達を有害な紫外線から守るUVカットウエアのブランドです。スタッフはみんな育児中のママ達!実際に子供に着せながら、子供に合ったデザインにこだわって作っています。
かわいくて・かっこよくて・上質。その上紫外線対策もバッチリなエポカルはママ達にも人気のある、おすすめ商品です。

販売店 : こだわり商品研究所

【子供の紫外線対策について】
子供の紫外線対策ってどうしていますか?
私は自分が日光湿疹というアレルギーがあるので、紫外線にはかなり気を使っています。

子供も「日に焼けて健康的!」と言われていたのはひと昔前の話。
今は、紫外線による子供への影響が懸念される時代になりました。
母子手帳から「日光浴」の項目がなくなった事からもわかります。

日に焼けたり、皮膚がんの原因になるのは紫外線B波です。
紫外線B波を浴びると皮膚の細胞の核にある遺伝子(DNA)に傷がつきます。普通、ある程度DNAが傷ついても、細胞の修復する力によって細胞の再生は正常に行われます。
でも、何度も日焼けを繰り返し、DNAにたくさん傷がつくと、細胞の再生が正しく行われなくなり、皮膚がんを起こしやすくなるという事がわかってきました。

発育中の子供は大人よりも環境に敏感です。
生涯に浴びる紫外線量の半量は18歳までに浴びると言われていて、子供の時に浴びた紫外線量が大人になったときに影響してきます。
だから、子供のころから紫外線対策はとても大切なんですよ。

子供を紫外線から守るための注意
●帽子をかぶる・上着を着せる⇒物理的に紫外線を浴びるのを防ぐ。
●UVカットクリームを使う⇒帽子や上着では防げない部分に使用する。
●外出時間に気をつける⇒紫外線量がピークになる10~14時の外出をさける

帽子はつばの長さが7cmで約60%、10cmで約70%紫外線をカットできるそうです。

子供用 日やけ止めの選び方
●こども用の日やけ止めを使用する
大人用の日やけ止めは、紫外線を吸収する科学物質が含まれている場合が多いので、 子供の肌には刺激が強い物もあります。必ず子供用を選ぶようにしましょう。はじめて使う時はパッチテストも忘れずに。

●SPF・PAの低いものを利用する
SPF値の高いものは、有機成分である紫外線吸収剤の成分量が多くなり、お肌への負担がかかることが考えられます。子供の場合はSPF値の高いものの使用は控えた方がいいでしょう。

●石けんで落とせるものを選ぶ
大人用の日やけ止めは、専用のクレンジングを使用しなくては落ちないものもあります。
そういった日やけ止めは子供の肌に負担をかけますし、クレンジングを使うことでさらに子供の肌に負担をかけることが考えられます。石けんで落としたつもりでいても、肌に残っているので肌荒れの原因にもなります。一般的に「子供用の日焼け止め」は石けんで洗い流せるものがほとんどです。

category: 生活雑貨

thread: 小学生の子育て♪ - janre: 育児

cm 1   tb 0   page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
#  [2007/05/24 17:43] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://anfan.blog15.fc2.com/tb.php/269-f17dd0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

ランキング

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

月別アーカイブ

ブログランキング

RSSフィード